プラグインガイド

WMC Manryo バージョンコード 22 以上で有効です。

プラグインの呼び出し

WMC Manryo で、メニューキーを押し、「その他」「外部」「プラグイン」を順につつきます。

プラグインの条件

WMC Manryo は、次のactionが登録されているアクティビティをプラグインと認識します。

jp.finds.and.app.action.VIEW_WITHOUT_LOCATION (バージョンコード 28 以上)
WMCはプラグインに値を渡しませんし、ラグイン終了時に何もしません。
jp.finds.and.app.action.BROWSE_LOCATION
WMCはプラグインに値を渡します。プラグイン終了時に何もしません。
jp.finds.and.app.action.PICK_LOCATION
WMCはプラグインに値を渡しませんが、プラグイン終了時に値を受け取ります。
jp.finds.and.app.action.INTERACTION_LOCATION
WMCはプラグインに値を渡しますし、プラグイン終了時に値を受け取ります。

バージョンコード 22より前は "jp.finds.and.app.action.BRAWSE_LOCATION"のみ有効でした(しかも間違っていました)。

渡される変数

extra で、次の変数が渡されます。

lon
double型。指定された位置の経度を示します。
lat
double型。指定された位置の緯度を示します。
zoom
int型。現在のズームレベルを示します。
azimuth
int型。現在の方位(0-359)を示します。
crs
(Version Code 25 以上)文字列型。使用している空間参照系を示します。現在のところ"EPSG:4326"または"EPSG:900913"が有効です。

AndroidManifest.xml

    <activity ... >
        ....
        <intent-filter>
            <action android:name="jp.finds.and.app.action.BROWSE_LOCATION" />
        </intent-filter>
    </activity ... >

TestActivity.java

次のコードでは、lon, lat を受信して、短時間表示します。

public class MoveSunActivity extends Activity {
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        Intent intent = this.getIntent();
        double lon = Double.NaN;
        double lat = Double.NaN;
        if( intent != null ) {
            lon = intent.getDoubleExtra("lon", Double.NaN);
            lat = intent.getDoubleExtra("lat", Double.NaN);
        }
        if( lon >= -180 && lon <<= 180 && lat >= -90 && lat <= 90 ) {
            String message = String.valueOf(lon) + ", " + String.valueOf(lat);
            Toast.makeText(this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
        }
    }
}

WMC Manryo 0.9.15 (バージョンコード 23) (2012年10月28日)


Finds.jp について | 新着情報 | サイトマップ | お問い合わせ

HTTP | HTTPS

農研機構