PostGIS 2.3.0 マニュアル

PostGIS開発グループ

概要

PostGISは、オブジェクトRDBであるPostgreSQLの拡張で、GIS (地理情報システム)オブジェクトを格納することができます。PostGISは、GiSTベースのR木空間インデクスをサポートし、GISオブジェクトの解析および処理を行う機能を持ちます。

本マニュアルは、2.3.0版のマニュアルです。

この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。好きなようにこの材料を使うことができますが、PostGIS Project のクレジット提示を求めます。また可能な限りhttp://postgis.netへのリンクを求めます。


目次

1. 導入
1.1. プロジェクト運営委員会
1.2. 現在の中核貢献者
1.3. 過去の中核貢献者
1.4. 他の貢献者
1.5. 追加情報
2. PostGISインストール
2.1. 簡略版
2.2. インストール要件
2.3. ソースの取得
2.4. ソースからのコンパイルとインストール: 詳細
2.4.1. コンフィギュレーション
2.4.2. ビルド
2.4.3. PostGISエクステンションのビルドとデプロイ
2.4.4. テスト
2.4.5. インストール
2.5. エクステンションを使った空間データベースの生成
2.6. エクステンションを使わずに空間データベースを生成する
2.7. PAGC住所標準化ツールのインストールと使用
2.7.1. Regex::Assembleのインストール
2.8. Tigerジオコーダのインストールとアップグレードとデータロード
2.8.1. TigerジオコーダをPostGISデータベースで有効にする: エクステンションを使用
2.8.2. TigerジオコーダをPostGISデータベースで有効にする: エクステンション不使用
2.8.3. TigerジオコーダをPostGISデータベースで有効にする: エクステンションを使用
2.8.4. Tigerデータのロード
2.8.5. Tigerジオコーダのアップグレード
2.9. 空間データベースをテンプレートから生成する
2.10. アップグレード
2.10.1. ソフトアップグレード
2.10.2. ハードアップグレード
2.11. 共通の問題
2.12. ローダ/ダンパ
3. PostGIS よくある質問
4. PostGISを使う: データ管理とクエリ
4.1. GISオブジェクト
4.1.1. OpenGIS WKBとWKT
4.1.2. PostGIS EWKB, EWKTと標準形式
4.1.3. SQL-MM第3部
4.2. PostGISジオグラフィ型
4.2.1. ジオグラフィ基礎
4.2.2. ジオグラフィ型をジオメトリ型にして使用すべき時
4.2.3. ジオグラフィに関する高度なよくある質問
4.3. OpenGIS標準を使う
4.3.1. SPATIAL_REF_SYSテーブルと空間参照系
4.3.2. GEOMETRY_COLUMNSビュー
4.3.3. 空間テーブルを作る
4.3.4. 手動でジオメトリカラムをgeometry_columnsに登録する
4.3.5. ジオメトリのOpenGIS準拠を確実にする
4.3.6. ここで、Dimensionally Extended 9 Intersection Modelまたは略してDE-9IMを見てみましょう。
4.4. GIS (ベクタ)データをロードする
4.4.1. SQLを使ってロードする
4.4.2. shp2pgsql: ESRIシェープファイルローダを使う
4.5. GISデータを検索する
4.5.1. SQLを使ってデータを検索する
4.5.2. ダンパを使う
4.6. インデクスを構築する
4.6.1. GiSTインデクス
4.6.2. GiSTインデクス
4.6.3. インデクスを使う
4.7. 複雑なクエリ
4.7.1. インデクスの利点を使う
4.7.2. 空間SQLの例
5. ラスタデータの管理、クエリ、アプリケーション
5.1. ラスタのロードと生成
5.1.1. raster2pgsqlを使ってラスタをロードする
5.1.2. PostGISラスタ関数を用いたラスタの生成
5.2. ラスタカタログ
5.2.1. ラスタカラムカタログ
5.2.2. ラスタオーバビュー
5.3. PostGISラスタを使ったカスタムアプリケーションの構築
5.3.1. ST_AsPNG を他の関数とあわせて使った PHP 出力例
5.3.2. ST_AsPNGを他の関数とあわせて使ったASP.NET C#出力例
5.3.3. rasterクエリを画像ファイルで出力するJavaコンソールアプリケーション
5.3.4. PLPython を使って SQL を介して画像をダンプする
5.3.5. PSQLでラスタを出力する
6. PostGISを使う: アプリケーションを構築する
6.1. MapServerを使う
6.1.1. 基本的な使い方
6.1.2. よくある質問
6.1.3. 踏み込んだ使用法
6.1.4. 例
6.2. Javaクライアント (JDBC)
6.3. Cクライアント (libpq)
6.3.1. テキストカーソル
6.3.2. バイナリカーソル
7. 性能向上に関する技法
7.1. 大きなジオメトリを持つ小さなテーブル
7.1.1. 問題の説明
7.1.2. 応急処置
7.2. ジオメトリインデクスでCLUSTERを実行する
7.3. 次元変換の回避
7.4. コンフィギュレーションのチューン
7.4.1. 起動時
7.4.2. 実行時
8. PostGISリファレンス
8.1. PostgreSQL PostGIS Geometry/Geography/Box型
8.2. PostGIS GUC (Grand Unified Custom)変数
8.3. 管理関数
8.4. ジオメトリ コンストラクタ
8.5. ジオメトリアクセサ
8.6. ジオメトリエディタ
8.7. ジオメトリ出力
8.8. 演算子
8.9. 空間関係関数と空間計測関数
8.10. SFCGAL関数
8.11. ジオメトリ処理関数
8.12. 線型参照
8.13. 時間機能
8.14. ロングトランザクション機能
8.15. その他の関数
8.16. 例外的関数
9. ラスタ リファレンス
9.1. ラスタサポートデータ型
9.2. ラスタ管理
9.3. ラスタコンストラクタ
9.4. ラスタアクセサ
9.5. ラスタバンドアクセサ
9.6. ラスタピクセルアクセサとセッター
9.7. ラスタエディタ
9.8. ラスタバンドエディタ
9.9. ラスタバンド統計情報と解析
9.10. 出力
9.11. ラスタ処理
9.11.1. 地図代数
9.11.2. 組み込み地図代数コールバック関数
9.11.3. DEM (標高)
9.11.4. ラスタからジオメトリ
9.12. ラスタ演算子
9.13. ラスタとラスタバンドの空間関係関数
10. PostGISラスタ よくある質問
11. トポロジ
11.1. トポロジ型
11.2. トポロジドメイン
11.3. トポロジ管理とTopoGeometry管理
11.4. トポロジコンストラクタ
11.5. トポロジエディタ
11.6. トポロジアクセサ
11.7. トポロジ処理
11.8. TopoGeometryコンストラクタ
11.9. TopoGeometryエディタ
11.10. TopoGeometryアクセサ
11.11. TopoGeometry出力
11.12. トポロジ空間関係関数
12. 住所標準化
12.1. パーサの動作
12.2. 住所標準化の型
12.3. 住所標準化テーブル
12.4. 住所標準化関数
13. PostGIS追加機能
13.1. Tigerジオコーダ
14. PostGIS関数索引
14.1. PostGIS集約関数
14.2. PostGISウィンドウ関数
14.3. PostGIS SQL-MM準拠関数
14.4. PostGISジオグラフィ対応関数
14.5. PostGISラスタ対応関数
14.6. PostGISジオメトリ/ジオグラフィ/ラスタのダンプ関数
14.7. PostGISボックス関数
14.8. 3次元対応PostGIS関数
14.9. PostGIS曲線ジオメトリ対応関数
14.10. PostGIS多面体サーフェス対応関数
14.11. PostGIS関数対応マトリクス
14.12. 新規作成/機能強化/変更されたPostGIS関数
14.12.1. PostGIS 2.3で新規作成/機能強化された関数
14.12.2. PostGIS 2.2で新規作成/機能強化された関数
14.12.3. PostGIS 2.2で大幅に変更された関数
14.12.4. PostGIS 2.1で新規作成/機能強化された関数
14.12.5. PostGIS 2.1で大幅に変更された関数
14.12.6. PostGIS 2.0で新規作成/機能強化/変更された関数
14.12.7. PostGIS 2.0で変更された関数
14.12.8. PostGIS 1.5で新規作成/機能強化/変更された関数
14.12.9. PostGIS 1.4で新規作成/機能強化/変更された関数
14.12.10. PostGIS 1.3で新規作成された関数
15. 問題を報告する
15.1. ソフトウェアのバグを報告する
15.2. 文書の問題を報告する
A. 付録
A.1. リリース 2.3.0
A.2. リリース 2.2.1
A.3. リリース 2.2.1
A.4. リリース 2.2.0
A.5. リリース 2.1.8
A.6. リリース 2.1.7
A.7. リリース 2.1.6
A.8. リリース 2.1.5
A.9. リリース 2.1.4
A.10. リリース 2.1.3
A.11. リリース 2.1.2
A.12. リリース 2.1.1
A.13. リリース 2.1.0
A.14. リリース 2.0.5
A.15. リリース 2.0.4
A.16. リリース 2.0.3
A.17. リリース 2.0.2
A.18. リリース 2.0.1
A.19. リリース 2.0.0
A.20. リリース 1.5.4
A.21. リリース 1.5.3
A.22. リリース 1.5.2
A.23. リリース 1.5.1
A.24. リリース 1.5.0
A.25. リリース 1.4.0
A.26. リリース 1.3.6
A.27. リリース 1.3.5
A.28. リリース 1.3.4
A.29. リリース 1.3.3
A.30. リリース 1.3.2
A.31. リリース 1.3.1
A.32. リリース 1.3.0
A.33. リリース 1.2.1
A.34. リリース 1.2.0
A.35. リリース 1.1.6
A.36. リリース 1.1.5
A.37. リリース 1.1.4
A.38. リリース 1.1.3
A.39. リリース 1.1.2
A.40. リリース 1.1.1
A.41. リリース 1.1.0
A.42. リリース 1.0.6
A.43. リリース 1.0.5
A.44. リリース 1.0.4
A.45. リリース 1.0.3
A.46. リリース 1.0.2
A.47. リリース 1.0.1
A.48. リリース 1.0.0
A.49. リリース 1.0.0RC6
A.50. リリース 1.0.0RC5
A.51. リリース 1.0.0RC4
A.52. リリース 1.0.0RC3
A.53. リリース 1.0.0RC2
A.54. リリース 1.0.0RC1